2020年10月27日

すきなことを仕事にしてもしなくてもいい

6FB6DE1C-896A-4DB0-8E95-EF86D6A5DCE0.jpeg

すきなことを仕事にしてもしなくてもいいという話です。

すきなことを仕事にするのは、喜びが深いことです。
雑誌でもよくおすすめされています。
そうしてもいいけど、そうでなくてもいいと思います。

私自身は、すきな仕事をしています。
それで、気づいていったことです。
すきなことが仕事になるとき、その仕事の中の
大体一部分が得意です。
仕事は、得意じゃないこと(好きじゃないこと)も多々あり、
引き受けて行くようにできているように思います。
必要な得意じゃないこともやっていくのは、
その人の幅を広げることにつながります。

すきを仕事にすることの最大のメリットは、
自分からやっていることなので
やらされている感が全くない。
受け身でないことだと思います。

すきではじめた仕事でなくても、
主体的でいる、角度を変え、仕事のすきな部分、
得意な部分を見つけることで、同じだと思っています。
すきなことは趣味で楽しめばいいです。

視点を変え、コミュニケーションの努力をしても
あまりにつらい仕事は、転職を考えていいと思います。


posted by eiko at 00:00| 日記