2019年09月28日

ミュシャ展

定期的に美術館に行かないと死んじゃう病なので、
ミュシャ展行きました。
夜21:00までやっていたので、仕事後にあわあわと。

ミュシャ展素晴らしかったです。線の自由自在さと豊かさ。
明るい美しさでした。ミュシャを真似た構図は、平面的になりがちなのに
立体感もよかった。
絵の中の何かが全てつながって、息づく瞬間を見ていたような時間でした。

美術や音楽や文学等々芸術は、毎日とつながっていないからこその方向から
共鳴するものを運んできてくれます。
思わぬ広がり。
めちゃ癒されました。心も固まっていくので、
好きな分野から、(大事)
自分では意図できない刺激を与え、心動く瞬間は人生の喜びの一つです。


あと会場にミュシャからマンガへという展覧会だったので
山岸涼子先生の原画があり、動き出しそうな迫力がありました。

リフレッシュしました。


posted by eiko at 00:00| 日記